医療コーチング研究会は、医療系有資格者のためのコーチング普及とスキル研鑽のための団体です
 

2010年5月9日(日曜日)

5月の勉強会は困難事例の検討でした

カテゴリー: - webmaster @ 20時04分28秒

平成22年5月9日(日)13:00〜17:00
場所:東京国際フォーラム G503

参加者は会員6名、一般参加6名でした。

内容
ツインリフレクティングプロセスによるコーチングセッション

久しぶりのリフレクティングプロセスでした。
今回の参加者はコーチングについてまだ初心者の方も多く、
コーチングの実際を見ることができる
リフレクティングプロセスによるコーチングセッションは好評でした

リフレクティングプロセスによるコーチングセッション

事例検討:検診でメタボの危険性がある職員への指導場面

困難事例に対して意見を出し合い、
どのようなコーチングスキルが効果的かを
参加者全員で意見を出し合い、ロールプレイをしました。

その一つの事例に対して意見を出して、
ロールプレイをするということを
役割を交代しながら3回繰り返し、
より良いものは何かを検討していきました。

(リフレクティング)
聴くことの重要性を再認識した
聴くことで相手が問題解決してくことを実感できた
自分の仕事でも生かせる内容で、応用が効くと感じた

(事例検討)
今回は身近な事例で、学びが多かった
相手の想いを知る視点を大事にしたい
従来の医療者中心の指導ではなく、相手が自分のビジョンを明確にして、そのた
めに何が必要かを考えられる関わりが必要と感じた
相手との良い関係作りが重要であると感じた
仕事を大事にする人には、仕事との結びつきが大事であると感じた

今回は初参加の人も多く参加されていました。
参加者全員がセッションに参加し、あるいは観察することで
違う参加者からの意見やセッションの見方、感じ方を聞くことができて
多くの学び、気づきがあったようです。

コーチングは初心者であっても、
医療の現場でありがちなテーマを扱うことで
内容はよく理解でき、学びを深めることができた勉強会でした。

次回も
コーチングを医療の場で生かしていきたいという想いを持った
医療者の参加をこころよりお待ちしております。

次回の勉強会は7月11日です。
場所は東京国際フォーラムで行ないます。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

■月別過去ログ
■カテゴリ一覧
■検索
■最近のコメント
■投稿者ブロック
Copyright(C) 2006 Medical Coaching Association All Rights Reserved. Supported by bizknowledge