医療コーチング研究会は、医療系有資格者のためのコーチング普及とスキル研鑽のための団体です
 

2012年4月5日(木曜日)

第41回医療コーチング研究会 勉強会

カテゴリー: - webmaster @ 18時12分41秒

次回の5月は特別講演を行います!

NLPのスキルをワーク中心のセミナーで学べます!

NLPに興味のある医療従事者に是非参加していただきたいです

第41回医療コーチング研究会 勉強会

特別講演 「五感で感じるコミュニケーション」講師 川本義巳

今回の勉強会は外部講師をお招きして、特別講演を行います!

NLPのスキルを活かしコミュニケーションをいろいろな視点から考えます
体験型のセミナーですから、今日覚えて明日からすぐに使えるスキルが学べます!
さまざまな相手に対応していく医療の仕事に大切なコミュニケーションスキルをこの機会に学びませんか?

川本コーチのセミナー参加者の90%以上が「非常に満足」と評価しているセミナーを医療コーチング研究会の勉強会で開催します!

〈川本コーチ 略歴〉
メンタルヘルス三重 心理カウンセラー&コーチ
三重心身クリニックにてカウンセラー、三重県の相談機関での相談員をしています。
研修講師、カウンセラー、コーチとして活躍しています。

詳しくは川本コーチのサイトをご覧ください。

http://www.mentalmie.jp/
(メンタルコーチ三重)

コーチングの初心者でもコミュニケーションスキルとして
今回の勉強会に参加されるだけでも、多くの学びがあると思います。

研究会会員の年間会費で勉強会を運営していますので、参加費用がお安くなっております。
川本コーチは今回の講演とほぼ同じ内容のセミナーを日総研のセミナーで実施されてきました。医療者対象のセミナーの実績もお持ちですので是非この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

日時:平成24年5月13日(日)13:00〜17:00

場所:新宿 喫茶室ルノアール 新宿3丁目ビックスビル店 6号会議室
http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2103

参加費:会員500円 一般1,000円

参加申し込み締め切り:4月28日(土)まで

尚、一般参加は医療従事者とさせていただいています

参加申し込みは医療コーチング研究会ホームページから
http://m-coaching.org/

トップページの左メニューのお問合せをクリックしていただき

お名前(+職業)、メールアドレスを入力してください

内容の欄に5月の勉強会の参加申し込みとお書きください

折り返し確認のメールを送らせていただきます


2010年11月14日(日曜日)

第4回総会を開催しました

カテゴリー: - webmaster @ 18時00分00秒

第4回総会を開催しました

平成22年11月14日(日)13:15〜16:50

場所:東京国際フォーラム

参加者は会員5名でした。

内容

活動報告と会計報告

21年度の活動は

21年9月に総会と記念講演を行ないました

2ヶ月に1回の勉強会を開催しました

会報を4回発行しました

会計報告で次年度の繰越金があることや

この数年の活動には経費がかかっていないことから

継続会員の年会費を大幅に値下げすることになりました。

会員向けにアンケート調査を実施したところ

医療コーチングに関する情報をもっと知りたい

勉強会を土曜日の午後にも開催して欲しいという意見がありました

また、コーチングの基礎の勉強がしたい

外部講師によるセミナー開催などの希望もありました

今後検討していくことにしました

医療コーチング研究会in富山

7月に行なわれた富山での医療コーチング研究会の

勉強会の様子を、担当した会員より報告してもらいました

今後、いろいろな地区で勉強会が開催されていくと

研究会の活動も広がっていくのではと思いました

記念講演:「ソリューションフォーカス」

前回の勉強会に引き続き

斉藤明子コーチにソリューションフォーカスの講義、ワークをして
もらいました

プロブレムトークをソリューショントークに替えるというワークで

普段はどうしても問題を追求する話しになりがちで

相手を責めるような話しになるが

問題の解決を目指した話し合いをしていく方法を学び

仕事の中でも直ぐにいかせるようなヒントが得られました

問題解決に向けた話しをすることで

相手とより良いコミュニケーションが取れると感じました

また、問題解決に向けた話しの聞き方を学び

より実践に活かしやすいワークをすることで

ソリューショントークをどうやって使うかを理解することができました

総会終了後には斉藤コーチにも参加していただき懇親会を開き、

会員同士とも親睦を深めることができました


2010年10月27日(水曜日)

第4回総会のお知らせ

カテゴリー: - webmaster @ 09時23分49秒

第4回総会のお知らせ

医療コーチング研究会は設立から4年が経ちました。
そこで11月に総会を開催いたします。

総会後には記念講演や、懇親会なども行いますので
興味のある方、入会を検討されている方のご参加をお待ちしています。

記念講演のみの参加もできます

・・総  会 ・・

*日時:平成22年11月14日(日曜日)

13:00〜17:00

*場所:国際フォーラム(有楽町) G503号室

*会費:1,000円

*一般参加:2,000円

*総会議事内容     13:00〜 13:45

 1.会計報告

 2.事業報告

 3.会則変更について

 4.その他

*外部講師による講義  14:00〜16:30

 「ソリューション:フォーカス」 パート2

 (初めての方もわかる内容です)

 講師:斉藤 明子 講師

さて、ソリューションフォーカスとは?

〜ソリューションフォーカス(解決志向)のご紹介〜
 
ソリューションフォーカスアプローチは、カウンセリングの短期療法のひとつとして開発されました。目の前の課題に対し、「なぜ悪いか?何が悪いか?」とその原因を深く分析するばかりでなく、「どうなっていたいか?」「何が欲しいか?」に焦点をあてた考え方・手法です。カウンセリングのみでなく、自分自身、一対一、チームでとさまざまな場面で応用できるので、今では、ソリューションフォーカスとして、コーチングや教育、あるいは、企業組織へと活用の場は広がっています。
生活習慣病予防の面談など、医療現場に有効と思われるこのソリューションフォーカスの理論を簡単に紹介し、ポイントのいくつかをを体験していただきます。

【内容】
・ 解決に焦点を当てるってどういうこと?
・ 土台づくりも大事
・ 基本のルール

【講師】齋藤明子(オフィス サリュー) コーチ、ソリューショニスト、博士(農学)
プロフィール:北海道にて15年間、衛生研究所に研究員として勤務。その後メーカーにてメタボリックシンドローム予防のプログラム作成にたずさわり、さまざまなヒューマンコミュニケーションスキルを学ぶ。現在、個人コーチング、勉強会の講師、コンサルティング業務などに従事。

・・親睦会・・

総会終了後、有楽町で2時間位 

参加費・5、000円

お申し込みは、メールにて「問い合わせ、入会申し込み」よりお願いいたします↓

http://m-coaching.org/modules/formmail/index.php?id_form=1


2009年9月27日(日曜日)

第3回医療コーチング研究会総会のご報告

カテゴリー: - webmaster @ 20時19分37秒

第3回医療コーチング研究会総会のご報告

9月27日(日)

時間:14:00〜17:00

場所:東京荻窪の「あんさんぶる荻窪」

内容:総会、記念講演

総会の主な内容

会計報告で繰越金が増えてきた事から、「勉強会の参加費を無料にする」「来年度の年会費を下げる」などの意見がでました。このため運営委員で会の運用費や会費額について検討をして会員に提案していくという事になりました。

入会の条件の見直し案が出され、今後は「ある程度コーチングを学んでいる事」という内容を含むことが決まりました。現在初心者で会員である方へのフォローアップとして研究会主催のコーチングの基礎講座を開催することを検討して欲しいという意見が出されました。これについては今後検討していくことになりました。

勉強会の頻度について、毎月開催から2ヶ月に1度の開催に変更されました。勉強会の開催に向けた新たな提案もいくつか出されていて(場所や時間帯、平日開催など)今後の検討課題とされました。

記念講演:「医療現場におけるコーチングの意義と有用性」

今回初めて研究会に大野久美子コーチをお迎えしてお話を聞く機会を得ました。

医療コーチングでは、信頼関係がとても大切なこと、そしてそれをしっかりと作るためにできること、目標設定のしかた、2次プロセスについてなどとても勉強になり、日頃の医療コーチングをワンランクアップさせるヒントが盛りだくさんの講義でした。

終了後には大野コーチにも参加していただき懇親会を開き、会員同士とも親睦を深めることができました。


2008年5月10日(土曜日)

5月の特別セミナーのご報告です

カテゴリー: - webmaster @ 18時19分58秒

医療コーチング研究会特別セミナー!!
山口一郎コーチを招いて開催しました!!

「4つのタイプ分けとその対処法」

平成20年5月10日(土)13:00〜17:00
場所:あんさんぶる荻窪(東京荻窪)

参加者:会員12名、一般5名

相手を知り、信頼関係を作る基礎としてタイプを知る必要があるということで、「4つのタイプについて」「相手の何を知っていれば信頼関係ができるか?」
を参加者の意見も引き出しながら講義をしていただきました。  
相手を知るためにデータベースを作ること、その情報をどうやって手に入れるか?相手にどんな質問をしたらこの情報が得られるか?などについても参加者同
士で話し合ったり全員で意見を出し合う時間が持てました。相手のデータベースを作っていくことで、相手をよく知る手がかりになっていくということを学び
ました。


  

〈会員による講義「エネルギーを高める!!」〉

ゴールに向かって行動を起こすためにはエネルギーが必要です。そして、コーチングしていく時、医療者としてエネルギーが不足しがちな対象者と関わる時
に、まずは自分がエネルギーが高くないと、相手のエネルギーを高めることもできません。
このエネルギーを高めるためにはどんなことが出来るかということで話をしてもらいました。

参加者からの感想では、
今までにもコーチングを学ぶことはあったが、タイプ分けを学んだり、過去のことよりも未来のことに焦点を当てて目標を持つということはコーチングのいい
所と思った。
自分のタイプを知るのに役に立った。タイプは立場によっても変わるということを知った。もう少し自分を知りたいと思った。
今の医療ではどちらかというと過去の苦しいことに焦点を当てがちだが、緩和ケアなどでは未来の楽しいことに焦点を当てるようになってきた。エネルギーを
高める講義ではエネルギーを高める上で参考になった。
などがありました。


2008年3月29日(土曜日)

5月の医療コーチング研究会 特別セミナー開催!!

カテゴリー: - webmaster @ 19時32分32秒

5月の医療コーチング研究会 特別セミナー開催!!
日時:2008年5月10日(土)13:00〜17:00
場所:あんさんぶる荻窪 第二会議室
山口一郎コーチによる「タイプ分けとその対処法」

 2007年2月にも山口一郎コーチを研究会にお招きし、特別セミナー「医療現場で不可欠な『質問力』を高める」を開催しました。
 山口一郎コーチは生涯学習開発財団認定プロフェッショナル・コーチで、病院でのコーチング研修も実施中ということで、前回の講義でも実践に役立つ内容でした。今回のタイプ分けとその対処も、いろいろな人と関わりを持つ医療者にとって、有意義な内容になると思います。ぜひご参加を。


2007年6月9日(土曜日)

特別セミナー ベッドサイドのコミュニケーション力を上げる!〜聞く・話す・質問する

カテゴリー: - webmaster @ 17時39分00秒

6月9日(土)13:00から、東京・荻窪のあんさんぶる荻窪において、長瀬夕裕子コーチ(生涯学習開発財団認定コーチ、マスターウエルネスコーチ)を招いて特別セミナーを開催しました。
テーマ は、「特別セミナー ベッドサイドのコミュニケーション力を上げる!〜聞く・話す・質問する」。
忙しい医療現場でどのようにすれば、十分なコミュニケーションができるのか、一緒に考えてみました。
パワフルでユーモアたっぷりの長瀬コーチのセミナーは、充実した内容で、コーチングの基礎を再確認すると同時に、臨床の現場でのコミュニケーションの取り方を学びました。さらにパーフェクトフューチャーを作る演習もなかなか興味深かったです。参加者全員が改めて医療に向けた想いを確認し合えた演習でした。


2007年2月11日(日曜日)

特別セミナー「医療現場で不可欠『質問力』を高める」

カテゴリー: - webmaster @ 16時08分25秒

2007年2月11日(日)13:00から東京・荻窪のあんさんぶる荻窪で、山口一郎コーチを招き、特別セミナー「医療現場で不可欠『質問力』を高める」が開催されました。

医療コーチング研究会セミナーも第2回を迎え、北海道や徳島、高知などからの参加者14名が集まりました。

 忙しい医療現場では、なかなかじっくりとかかわることは難しいのが現実。短いかかわりの中で、患者さんに、後輩に、仲間に、「きちんと聴いてもらった」という満足感を与え、さらに「自発的な行動を促す」質問について考えようというのがテーマです。

講師の山口一郎コーチは生涯学習開発財団認定プロフェッショナル・コーチ 。病院でのコーチング研修も実施中ということで、その経験と実際に病院で感じたことを交えながら、ユーモアたっぷり、参加者を巻き込みながらの講義が進みました。その後、山口コーチも参加いただき、「医療にコーチングは有用か」「医療現場にコーチングを広げて行くにはどうしたらいいのか」など、活発なディスカッションが行われました。

 参加者からは、「コーチとしての原点に戻って考えることができました。 『聞く』ことの重要性もしかり、いかに『質問』していくか、改めて考えるいい機会になりました」「特に無条件の承認と、沈黙(待つこと)の重要性を実感しました。

またコミュニケーションのアイウエオという、実践に導入しやすい方法を教えていただきよかったと思いました。今回のセミナーで得たものを、実践していって自分のものにしていきたいと思います」などという感想が寄せられました。


2006年11月26日(日曜日)

第1回 医療コーチング研究会セミナー

カテゴリー: - webmaster @ 16時09分07秒

第1回 医療コーチング研究会セミナー

テーマ:「医療現場で活かすコーチング
      〜臨床場面での事例検討から〜」

11月26日(日)14:00〜、東京・中野ZEROホール 学習室Bにて、「第1回 医療コーチング研究会セミナー」が開催されました。

参加者は、研究会員10名、会員外の参加者3名を迎え、計13名でした。

第一部「臨床におけるコーチングの活用」では、臨床の場での実際の事例を使いロールプレイイング行いました。新人(後輩)指導の場面や患者指導の場面で、普段のかかわり方とコーチングを使ったかかわり方を演じ、実際の違いを体感。その後、そのかかわり方についての意見交換などが行われ、参加者からは「充実していた」「実りの多いセミナーで、次回が本当に楽しみ」という声が聞かれました。

 また、第二部「コーチングエクササイズ」では、実際の自分のコーチングを第三者であるオブザーバーにFBしてもらうなど、貴重な体験をすることができました。

第三部の「コーチのクライアント獲得術」では、原口佳典講師が「アプローチから契約まで」の流れを講演。参加者からは熱心な質問がされていました。

セミナー終了後、参加者による懇親会が行われ、親睦が深められました。


33 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

■月別過去ログ
■カテゴリ一覧
■検索
■最近のコメント
■投稿者ブロック
Copyright(C) 2006 Medical Coaching Association All Rights Reserved. Supported by bizknowledge