医療コーチング研究会は、医療系有資格者のためのコーチング普及とスキル研鑽のための団体です
 
■医療コーチング研究会
■会員紹介

・ セミナー・勉強会
勉強会ご報告



2007年4月15日(日)13:00〜17:30
場所:あんさんぶる荻窪 第一教室

自己紹介の後、山口一郎コーチからのフィードバックの説明がありました。
その後、研究会員の平沢永子さんが「コーチングとは」、根岸文さんが「信頼関係を築く」、村上由美さんが「聞く」についての講義があり、その後研究会員からの内容とその講義の仕方についてフィードバックがありました。
その後、セッション、ロールプレイなどを行い、感想とフィードバックをしました。



2007年3月11日(日)13:00から、東京・荻窪 あんさんぶる荻窪で、医療コーチング研究会の勉強会が開催されました。

今回はコーチングのスキルアップやロールプレイの際に有効な「リフレクティング・プロセス」について、研究会員の根岸文さんが講義。実際にセッションを交えての実践的なセミナーとなりました。

家族療法から出た「リフレクティング・プロセス」は、コーチとクライアントのセッションを聞いたオブザーバーがチームとなり、その感想を自由に言い合います。 その際に、コーチやクライアントに直接フィードバックするのではなく、チームの会話の中で出される提案の中から、コーチやクライアントが感じ取ってさらにいいかかわりにしていくというものです。

実際に体験した研究会員からは、「実際にチームでの話し合いを聞いた後に、コーチ役に大きな変化が出た」「自由な感じで話される内容なのでコーチ役は受け取りやすく学びが多い」などの意見が聞かれました。

 また、参加者同士でコーチングセッションを行い、コーチングスキルの研鑽を図りました。



「医療コーチング研究会勉強会」報告

2007年1月13日(土)1400から、東京・中野ZEROホール 学習室2で、医療コーチング研究会の勉強会が開催されました。

今回の「ロールプレイイングによる事例検討」のテーマは「外来」。短時間のかかわりの中で、いかにコーチングマインドをもったかかわりをし、患者さんに満足してもらえるいいかかわりができるかを検討しました。

 日ごろ、忙しいゆえに行ってしまいがちな医療者側優先の対応を、患者さんの立場に立ったコミュニケーションに換える。2、3分のかかわりでも十分に患者さんの気持ちにそえることを確認し、できるだけ現場に導入していくためにはどうしたらいいのかなど、活発な意見交換が行われました。

 また、参加者同士でコーチングセッションを行い、コーチングスキルの研鑽を図りました。

セミナーご報告



2007年2月11日(日)13:00から東京・荻窪のあんさんぶる荻窪で、山口一郎コーチを招き、特別セミナー「医療現場で不可欠『質問力』を高める」が開催されました。

医療コーチング研究会セミナーも第2回を迎え、北海道や徳島、高知などからの参加者14名が集まりました。

 忙しい医療現場では、なかなかじっくりとかかわることは難しいのが現実。短いかかわりの中で、患者さんに、後輩に、仲間に、「きちんと聴いてもらった」という満足感を与え、さらに「自発的な行動を促す」質問について考えようというのがテーマです。

講師の山口一郎コーチは生涯学習開発財団認定プロフェッショナル・コーチ 。病院でのコーチング研修も実施中ということで、その経験と実際に病院で感じたことを交えながら、ユーモアたっぷり、参加者を巻き込みながらの講義が進みました。その後、山口コーチも参加いただき、「医療にコーチングは有用か」「医療現場にコーチングを広げて行くにはどうしたらいいのか」など、活発なディスカッションが行われました。

 参加者からは、「コーチとしての原点に戻って考えることができました。 『聞く』ことの重要性もしかり、いかに『質問』していくか、改めて考えるいい機会になりました」「特に無条件の承認と、沈黙(待つこと)の重要性を実感しました。

またコミュニケーションのアイウエオという、実践に導入しやすい方法を教えていただきよかったと思いました。今回のセミナーで得たものを、実践していって自分のものにしていきたいと思います」などという感想が寄せられました。



セミナーご報告



第1回 医療コーチング研究会セミナー

テーマ:「医療現場で活かすコーチング
      〜臨床場面での事例検討から〜」

11月26日(日)14:00〜、東京・中野ZEROホール 学習室Bにて、「第1回 医療コーチング研究会セミナー」が開催されました。

参加者は、研究会員10名、会員外の参加者3名を迎え、計13名でした。

第一部「臨床におけるコーチングの活用」では、臨床の場での実際の事例を使いロールプレイイング行いました。新人(後輩)指導の場面や患者指導の場面で、普段のかかわり方とコーチングを使ったかかわり方を演じ、実際の違いを体感。その後、そのかかわり方についての意見交換などが行われ、参加者からは「充実していた」「実りの多いセミナーで、次回が本当に楽しみ」という声が聞かれました。

 また、第二部「コーチングエクササイズ」では、実際の自分のコーチングを第三者であるオブザーバーにFBしてもらうなど、貴重な体験をすることができました。

第三部の「コーチのクライアント獲得術」では、原口佳典講師が「アプローチから契約まで」の流れを講演。参加者からは熱心な質問がされていました。

セミナー終了後、参加者による懇親会が行われ、親睦が深められました。

■次回セミナー・勉強会のお知らせ■

5月13日(日)13:30〜
場所:あんさんぶる荻窪

申し込み : メール にてお問合せ下さい。
■ご案内
Copyright(C) 2006 Medical Coaching Association All Rights Reserved. Supported by bizknowledge